映画『カケラ』のファンサイト

映画 カケラの魅力

映画カケラは2009年に日本で製作された映画で、原作は桜沢エリカの「LOVER VIBES」です。

 

俳優の奥田瑛二の長女の初監督作品ということでも注目されたこの作品は、主人公のハルが恋人との間に気持ちのズレを感じ始めていた頃、レズビアンのリコから声をかけられたことから物語は始まります。

 

ハルとリコは互いの存在に興味をいだき過ごす時間が増えていき愛情が芽生え始めるのだが、恋人(男性)との関係が続くハルに対してリコはいらだちを感じ、ついに居酒屋で爆発して思いのたけを吐き出してしまいます。

 

それ以来二人は疎遠となってしまいハルは大学生活を、リコはメディカルアーティストとして患者に向き合う日々が進む中でリコはゲイバーを訪れた顧客を見つけ付き合いが始まります。

 

その後ハルからの連絡を受けたリコは以前の関係を取り戻しますが、リコの率直な愛情表現に戸惑うハルは・・・が主なストーリです。

 

この映画カケラは、普通の女子大生ハルと、顔に何らかの障害を持つ女性に対して医学的に正しいメークアップを施すメディカルアーティストのリコの互いの気持ちや悩み、感情などを描いた映画で、それぞれの気持ちが繊細に描かれていることが魅力です。