映画『カケラ』のファンサイト

邦画の特徴

国内で制作される映画、いわゆる邦画と呼ばれるジャンルのものは、ハリウッドで撮影されているような映画とは違った特徴を多く有しています。

 

例えば、もっとも大きな特徴の一つが、資金力の違いです。

 

ハリウッド映画などの場合、一作に数十億円以上の制作費が充てられる一方、邦画作品の製作費は、平均して1億円前後と言われています。

 

また、中には、数千万円から数百万円程度の安価な制作費で撮られている邦画も数多く存在しており、独創的な内容と演出で人気を集めた映画カケラのような作品が、安価な制作費の邦画として代表的です。

 

また、他国で制作される映画とは違い、雰囲気を重視しているという点も、邦画ならではの特徴といえます。

 

演技を行う俳優の表情や小さな仕草一つ一つも重要な演出として捉え、繊細な内容と表現を使い、一つの作品を作り挙げています。

 

この点は、特に激しいアクションや演出で人気の高いハリウッド映画と対極を成す形として認知されています。

 

実際、邦画のこうした繊細な表現力などが評価され、主に欧州地域など、芸術性を求める国での人気が高く、毎年、様々な賞を受賞している事からもそれらがわかります。

 

更に、映画カケラのように数少ない俳優だけで映画を構成するという点も、邦画ならではの特徴の一つです。