映画『カケラ』のファンサイト

映画の作り方

映画を作るという行為に対して、一般の方がまず真っ先に思い浮かぶ物としては、大金をかけるという点が挙げられます。

 

実際、ハリウッド映画のようにアクションが激しく、迫力ある映画を撮影するためには、甚大な費用をかける必要があります。

 

また、多くの方に関心や興味を持ってもらう手段としては、有名な俳優を多数起用した作り方も挙げられます。

 

もっとも、映画という作品をあくまでも文化的な物として制作する場合や、一種の芸術作品として演出する場合には、上述したような作り方とは違った作り方をすることができます。

 

例えば、映画に出演する俳優をごく少数に抑えたり、いわゆる無名と呼ばれる俳優を敢えて起用したり等が挙げられます。

 

また、映画の舞台として使用する場面を、町中の何気ない風景を多用することによって、かかる経費を最小限にまで抑えた作り方もできます。

 

このように、映画を作るという意味では、その内容や演出方法煮って様々な形を採用することができるというわけです。

 

例えば、国内で撮影された邦画の一つとしてコアな人気を誇っているのが、カケラという作品です。

 

この映画では、撮影に於いて終始一貫して、過剰な演出を一切行わず、人間性に溢れた内容と演出にこだわって作られています。

 

また、出演する俳優も必要最小限に抑えられており、使用されているセットも、アパートの一室や町中のちょっとした場面など、日常生活に身近な物が採用されています。