映画『カケラ』のファンサイト

映画の歴史

映画はかつて活動写真と呼ばれ19世紀に生まれ、20世紀に飛躍的な発展を遂げました。

 

現代の映画はCG技術の特殊撮影技術の発展に伴い、実写でもアニメのような表現が可能になり、素晴らしい作品がどんどん制作され、実写では不可能とされていた漫画作品やアニメ作品が、次々と実写化されてます。

 

昔はフィルムで撮影されていた撮影も、デジタルビデオを用いて撮影されるようになり、より鮮明でいつまでも撮影された時と変わらない画像が楽しめるようになっています。

 

また表現されるストーリーも、画像を駆使したアクションもいいですが、日本の作品に多い心理的な描写を駆使し、心に訴えかける作品をまったり楽しむのもいいものです。

 

その中でも「カケラ」は、現代の人間の「心」について訴えかける完成度の高い作品ではないでしょうか。

 

仕事や言葉などといった目に見える「カケラ」の裏に潜む人間の精神的な「心」の「カケラ」の移り変わりを見事に表現しています。

 

この口渇した社会の中で人が生きていくために必要なことが何なのかを訴えているようにも見えます。

 

映画はこのように自分の人生で体験したことのないことを伝え、あたかも自分で体験した真実のように記憶の中に鮮明に残されていくのかもしれません。